我孫子メンタルヒーリングルームの営業時間(月-金は8:30-20:30、土は8:30-18:30、日曜日・祝日は休業日)

[最終受付] 午前 11:30 / 午後 (月-金) 20:00・(土曜) 18:00

〒270-1151 千葉県我孫子市本町2丁目4-3 1階

JR線 我孫子駅 南口より徒歩15秒!

秘密厳守のため完全予約制です。

ナ ヤ ミゼロ 04-7107-7830

ご予約・お問い合わせ

代表ブログ

視線恐怖症とは何?どんな症状なの?原因と克服方法は?

視線恐怖症とは何?どんな症状なの?原因と治し方は?

こんにちは、田中 宏樹です。

「他人の視線が怖い」「周りの目が気になる」、そう感じたりすることはありませんか?

もしかするとそれは、視線恐怖症かもしれません。

当ルームにもそのようなお悩みをお持ちの方にお越しいただきます。

今回は、「社交不安障害(社交不安症)」の症状のひとつとして分類されている視線恐怖症とは何か? どんな症状なのか?

その原因と克服方法についてお伝えしたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

視線恐怖症とは?

不安や恐怖という感情は人間が生きていく上で、とても大事なもので自然な感情です。

しかし、人の視線や自分の視線に対して、過剰な不安により、動悸や冷汗などが起こり、精神的・肉体的な苦痛を強く感じることがあります。

また、視線が気になりすぎて「人に会うのが恐い」「職場や学校にいるのがつらい」など、普段はあまり意識することはない「視線」が日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。

それが視線恐怖というものです。

視線恐怖には、大きく分けると2つの「視線の恐怖」があります。

  1. 他者視線恐怖:他人の視線が気になり不安に感じる。
  2. 自己視線恐怖:自分の視線が相手にどう思われているか気になり不安に感じる。

他者視線恐怖症の症状

他者視線恐怖症とは、他人に見られているのが怖い、常に見られているように感じる、などの症状です。

何かに監視されているように感じると言われる方もいます。

そのため、人混みなど自分の周りに人がいると緊張して落ち着かなさを感じてしまい、下記の状態になることがあります。

  • 会話ができなくなってしまう。
  • ぎこちない動きになってしまう。
  • 余裕がなくなる。
  • 集中力がなくなる。
  • 相手と目を合わせられない。
  • 人からの評価が過剰に気になる。
  • 緊張感が強くリラックスできない。
  • 相手の顔をみるのが恐い。

また、不特定多数ではなく、限定された人の視線が気になるという方もいます。

  • 異性の目が気になる。
  • 上司の人の目が気になる。
  • 特定のタイプの人の目が気になる。

自己視線恐怖症の症状

自己視線恐怖症とは、相手の視線ではなく、自分の視線が相手を不快にさせていないかと気になり、相手の目を見れらくなったり、目線の置き場に困ってしまう、などの症状です。

下記の状態になることがあります。

  • 相手の顔を直視できず、顔を見て話をすることができない。
  • 自分の目線が相手を不快にさせてしまっていると感じる。
  • 人との会話中、反射的に目を閉じてしまうことがある。
  • 人と会話をするときに、視線の置き場に困る。

視線恐怖症の原因

では、どうして他人や自分の視線が過剰に気になってしまうのでしょうか?

一番の考えられる影響は過去の体験です。

家族、友人関係で、「過保護に育てられた」「いじめや嫌がらせを受けた」「身体的なコンプレックス」「人前での恥ずかしい体験」「家庭環境のコンプレックス」などが原因として考えられます。

それが視線に対する恐怖心につながり、自分が「どう思われているのか?」「どう見られているのか?」が気になり、視線に対する過剰な意識につながってしまいます。

視線恐怖症の克服方法

視線恐怖症の克服方法としては、「思い込みを修正する」ことが考えられます。

周りの人間が何を考え見ているのか、自分をどう見ているのかは、実際に相手に確認しないとわからないことです。

しかし、他者視線恐怖では「すれ違う人や電車や職場などみんなが自分を見て悪口を言っている」、自己視線恐怖では「自分の視線が相手を不快にさせている」などの思考にとらわれてしまっています。

頭ではそんなわけがないとわかっている方もいらっしゃいますが、実際に人のいる場面になるとそう感じてしまうのです。

「視線」のとらえ方というのは、自分で思い込み、そう感じてしまっているに過ぎません。

そのことに気づいて思い込みを修正させることが重要です。

その思い込みを修正するために、

「なぜ人混みを歩いているとみんなが自分を見ているとわかるのか? その理由は具体的に何なのか?」

「なぜ会話中の相手が不快に思っているとわかるのか? その理由は具体的に何なのか?」

と自分自身に問いかけてみてください。

その答えを言葉に出してみたり、紙に書き出してみてください。

答えは「そう思うから」「そう感じるから」と回答しませんでしたか?

一方的な思い込みだと自分自身でも気づくことができると思います。

一人でお悩みではありませんか?

思考は頭の中で完結してしまいます。

言葉に出してみたり、紙に書き出してみることで、客観的な事実として自分でも認識できるようになります。

「視線」は悪いことではありません。

勝手な思い込みをしてしまっている自分にまずは気づき、それを繰り返し認識していくことが、視線恐怖症を克服する大切な一つです。

このようなお悩みで不安な毎日をお過ごしの方は、一人で悩まず、専門である我孫子メンタルヒーリングルームに一番はじめにご相談ください。

心理カウンセリングとサービカル心理安定療法を組み合わせたプログラムを実践することにより、心理カウンセリングだけだと改善しないお悩みや症状も、ご相談者様が潜在的に持っている力を引き出し、改善効果を飛躍的に高めることが可能です。

※サービカル心理安定療法を見る

ホームページ限定!サービカル心理安定療法初回特別割引!

当ルームでは、初めてご利用の方を対象として、毎月先着10名様限定サービカル心理安定療法お得な料金でご提供しております。
これまで多くの方がサービカル心理安定療法を受けられ、自分を悩ませている原因の対処に気づき、自分自身を大切に思えるようになり、不安がなくなり、心の問題を改善されてきました。
一度しかない人生をより良いものにしていくために、サービカル心理安定療法で、あなたもぜひ効果を実感してみてください。

我孫子メンタルヒーリングルーム

住所 〒270-1151 千葉県我孫子市本町2丁目4-3 1階
交通 JR線 我孫子駅 南口より徒歩15秒
TEL 04-7107-7830(ナヤミゼロ)
曜日 午前 午後
平日 8:30 -12:00 14:00 - 20:30
土曜日 8:30 -12:00 14:00 - 18:30
日曜日・祝日 休業日

[最終受付] 午前 11:30 / 午後 (月-金) 20:00・(土曜) 18:00

-代表ブログ

© 2022 我孫子メンタルヒーリングルーム